MILKY'S WAY

中国語と資格試験と旅行とかについて気の向いたときに書いてます。

中学・高校での部活

後輩からブログのネタもらったので書きます。(貰ったのは2か月前くらいだが)

 

私は中学の頃は軟式テニス部、高校の頃はクイズ研究部と数学研究会に所属していましたが、どれも思い出してみると、一生懸命に取り組んだという記憶がありません。

 

軟式テニス

小学校の頃ちょっと硬式テニスをやっていて(といってもほんのちょっとで、他の人とラリーもしたことがない)、中学に入ったら何かしらの部活に入りたいなぁと思っていたので、何となく軟式テニス部に入部。

 

この何となくがダメですね。何となくで入ってしまったので、ボールを打っている時はまあいいのだが、筋トレをしている時とかは本当につまらなくて仕方がなかった。それに腕立て伏せがまともに10回もできない人なので、みんなが筋トレを済ませている中、自分は筋トレルーティーンのうち半分もこなせていないという日も多かった。

 

更に、朝練が早くから始まるのも自分にとっては苦痛だった。家から中学校までは徒歩45分掛かる為、活動に参加するためには5:00くらいに起きなければならないが、興味もないような活動のために起きられるわけがない。当然サボる。

 

その活動をサボると、普段の練習の前に外周を2~3周走ることになっていたのだが、自分の場合サボりすぎて外周が500周くらい溜まり、一日中ずっと外周している日もあった(これは顧問から流石に呆れられたようで途中でチャラにしてくれたが、それでも真面目に参加している同級生からはものすごい反感を買ってしまった。)。

 

そして中学3年生になったところで、塾の方もちょっと忙しくなってしまったので、その軟式テニス部を退部しました。

 

★クイズ研究部

中学時代で同じ塾だった人を誘って、クイズ研究部に入る。

 

なぜ、クイズ研究部に入ったか? 前年度に全国大会出場(高校生クイズ)していたからです。

ただ、入ったころの自分の考えが甘すぎました。入部するだけで強くなれるはずないのにね。勿論同級生にはクイズが本当に好きな人もいて、そういう人は自主大会(STU杯とかabcとかいう色んな大会があります。)なんかに行っていました。ポケモンで例えるところのオフ会ですね。楽して強くなろうという考えがもうだめ。

 

そんなこんなしているうちに後輩が入ってきて、いつの間にか後輩に実力を抜かれる(およそ一か月ぐらい)。高校2年生からは真面目に勉強していたので、部室に行ったら参考書開いて勉強という訳分からないことしてました。

 

★数学研究会

この部活が入学当時から存在していればよかったのに。この部活は後輩が作ったものです。

 

高校3年生になって真面目にクラスに友達がいなかったので、お昼休みとかに2年生(この2年生はクイズ研究部の後輩)がいるクラスでご飯を食べていました。

で、この後輩の友達が数学研究会の会長(=部長)でした。

 

プロセスは忘れましたが、夏に開催される数学甲子園に参加するために数学研究会に入会しました。その入会届は担任に提出しましたが「なんで高3の夏に部活入ってるんだよ・・・」と思われていたかもしれません()

 

入った時期が入った時期というのもあり、それ以降目立った活動には参加できず、高校卒業。もっと早く入っとけばよかった。

 

 

大学ではポケモンサークルに入っていますが、この二の舞にならないようにしたい。